「水筒に入れるのはNG!」驚きの食品リストを調理器具メーカーが公開!


「私は普段から水筒にいろいろな飲み物を入れて持ち歩いていますが、この記事を読んで衝撃を受けました。果汁や牛乳を入れるのは普通だと思っていましたが、酸性の液体は水筒の中で反応してしまうんですね。今後は注意して使わなければと思いました。」

 暑さが増して水筒を持ち歩く機会が増えるこの時期、調理器具メーカーの和平フレイズが「水筒に入れてはいけない物」について、公式Twitterで注意を呼びかけています。カフェオレジュースなど、つい入れてしまいそうな物も多いので、ぜひ確認を。

【画像】水筒に入れてはいけないもの

 「水筒NG」としてまず挙がったのは、炭酸飲料とドライアイス。ガスが発生して内圧が上がり、キャップが突然飛んでしまう恐れがあるそうです。腐敗や変質によりガスが発生するおそれのある、カフェオレなどの乳飲料や牛乳、ジュースも同様にNG。アルコール類も発酵で内圧が上がるので危険とのことです。

 また、みそ汁スープなどは塩分によるサビの発生の原因に、葉の入ったお茶や果肉入りの飲料は、固形物がすきまに詰まって漏れの原因に。Twitterでは「知らずにカフェオレを入れていた」「意外とNGが多い」といった反応が見られます。

 なお、炭酸飲料を持ち運びたいケースについて、同社はペットボトルクーラーを推奨しています。また、タイガー魔法瓶の「真空断熱炭酸ボトル」のように、炭酸に対応する製品を使うのもよいでしょう。

葉の入ったお茶とスープ類もNG(画像は和平フレイズのTwitterから)


(出典 news.nicovideo.jp)

【「水筒に入れるのはNG!」驚きの食品リストを調理器具メーカーが公開!】の続きを読む