赤楚衛ニ


『ペンディングトレイン』“優斗”赤楚衛二、まさかの言葉にネット騒然「闇堕ちってマジ?」 


赤楚 衛二(あかそ えいじ、1994年〈平成6年〉3月1日 - )は、日本の俳優、モデル。旧芸名は、赤楚 (まもる)。 大阪府守口市生まれ、愛知県名古屋市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 10代のころは名古屋のモデル事務所FORM JAPANに所属し、赤楚衛(あかそ…
45キロバイト (5,470 語) - 2023年6月17日 (土) 10:39


「もしかして、赤楚さんが演じる優斗さんが『闇堕ち』する展開があるのかな?それとも単なるジョークかな?」

 山田裕貴が主演を務める金曜ドラマ『ペンディントレイン―8時23分、明日 君と』(TBS系/毎週金曜22時)の第9話が16日に放送され、赤楚衛二扮する消防士・白浜優斗が、終盤でまさかの言葉を口にすると、ネット上には「闇堕ちってマジ?」「優斗は闇にいかないで!」といった反響が寄せられた。

【写真】弟との再会を涙ながらに喜ぶ直哉(山田裕貴) 『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』第9話場面カット

 乗客たちがたどり着いたのは、元いた2023年ではなく地球環境が激変する半年ほど前の2026年5月の東京だった。元いた世界から3年後ではあるものの家族との再会を喜ぶ優斗たち。直哉(山田)もまた、気にかけていた弟・達哉(池田優斗)との再会を果たす。

 直哉や優斗たちは元の生活へ戻る一方で、世間からは“消えた電車の乗客”として注目を集める。優斗は人々を危機から救うために、まもなく地球に起こる出来事について警察に必死に訴える。しかし誰も信用しようとしない。

 そればかりか植村(ウエンツ瑛士)らが、自分たちが未来から戻ってきたことを動画サイトで告白。そのため乗客たちはさらに周囲からの好奇の目に晒され、インターネット上で次々と素性が暴かれる。

 そんなある日、火事の現場に出動した優斗は集まった野次馬に業務を妨害される。消化活動中にも関わらず、野次馬の1人から肩を抱かれて激怒する優斗。野次馬を突き飛ばした映像がインターネットで拡散され“炎上”してしまう。

 ラストシーンでは、2026年の社会に絶望した優斗が力なく「最っ低だな…“ここ”は…」とつぶやき「もう…終わればいい…」とポツリ。そしてうつろな眼差しで「こんな世界…もう終わればいい…」と肩を落とすのだった。

 生きて元の世界へ戻るため、乗客を引っ張ってきた優斗のまさかの言葉にネットは騒然。「優斗が闇堕ちした!!」「最終話直前に白浜が闇堕ちってマジ?」などの声や「優斗は闇にいかないで!」「この感じで来週最終回はやばい」といったコメントが続出。

 また、優斗役の赤楚の演技についても「目に光がなくなるお芝居が凄かった」「闇堕ちの目!凄過ぎて鳥肌が立った!」などの反響も寄せられていた。

金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』第9話より (C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

【『ペンディングトレイン』“優斗”赤楚衛二、闇堕ちってマジ⁈】の続きを読む


赤楚衛二の頬を指す謎の女性は誰?生田絵梨花が明かす『こっち向いてよ向井くん』の裏話


画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。(2022年2月) 生田 絵梨花(いくた えりか、1997年〈平成9年〉1月22日 - )は、日本の女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである。ドイツ・デュッセルドルフ出身。太田プロダクション所属。身長160…
134キロバイト (16,640 語) - 2023年5月15日 (月) 21:02


「赤楚衛二の頬を指すシーンが印象的でしたが、その正体が生田絵梨花さんとは驚きました。彼女には可愛らしさと強さを持った役柄が似合いますね。」

主演・赤楚衛二による日本テレビ系7月期新水曜ドラマ『こっち向いてよ向井くん』、先週の第一報写真で隠されていた、赤楚の頬を指すその正体は・・・生田絵梨花


「10年間忘れられない元カノ」美和子役で初めてのラブストーリーヒロインに挑戦。「手だけ写真に写るってなかなかないですし、逆に緊張しました(笑)。これまでは結構手だけでも私だって気付かれることが多かったんですけど、今回は張り切って爪を伸ばしたんで。なのできっとファンの方も分からなかったんじゃないかと思います(笑)」と、茶目っ気を交えつつ、スチール撮影を振り返ってコメントした。

2022年の「第13回 ananマンガ大賞 準大賞」受賞、FEEL YOUNGにて連載中の、ねむようこ氏による同名漫画が原作。雰囲気よし、性格よし、仕事もできる、いいオトコ向井くん。10年ぶりに恋をしようと意気込む彼に待ち受けていたのは素敵女子たちとの出会い、そして10年前の忘れられない元カノで……。切実なのに笑えちゃう、不器用だから胸をうつ。それでも恋を諦めきれない恋愛迷子たちのラブストーリー

遡ること10年前、向井くんは当時付き合っていた美和子に「守ってあげたい」と囁くも、美和子から返ってきたのは「守るって何?」という言葉。その後、破局を迎えた二人だが、以来10年、向井くんの心の中には美和子への未練が渦巻いていて……。向井くんの過去に大きく影響を与えてしまった彼女が、ひょんなことから向井くんと再会して──!?

今回が恋愛をテーマにした作品に初挑戦となる生田。自身の役どころについて「私が演じるのは主人公向井くんが10年間引きずっている元カノの美和子という役柄です。向井くんがいろんな魅力的な女性と出会っていく中でも、やっぱり美和子との思い出が恋しくなっちゃったりとか、重ねちゃったりとか…そういう相手です」と語り、「向井くんとの二人の思い出の部分は楽しく、でも時間が経って思い返すともどかしさを感じたりするようなリアルな質感を作っていければと思います。皆さんの何か共感できるポイントだったりとか、「あぁ、こうすればいいのに」とか「あぁ、こうしてれば…」っていうドキドキが楽しめるドラマになるように頑張っていきたいなと思っています」と、役への想いを言葉にした。

向井くんを取り巻く魅力的なヒロインをはじめ、豪華キャスト陣の発表はまだまだ続く。続報にご期待いただきたい。



生田絵梨花(藤堂 美和子役)コメント全文

第1報の写真の撮影の時は、手だけ写真に写るってなかなかないですし、逆に緊張しました(笑)
これまでは結構手だけでも私だって気付かれることが多かったんですけど、今回は張り切って爪を伸ばしたんで。なのできっとファンの方も分からなかったんじゃないかと思います。(笑)
私はラブストーリーに参加させてもらうことが初めてなので、まずはそこにちょっとドキドキしました。私が演じるのは主人公向井くんが10年間引きずっている元カノの美和子という役柄です。向井くんがいろんな魅力的な女性と出会っていく中でも、やっぱり美和子との思い出が恋しくなっちゃったりとか、重ねちゃったりとか…そういう相手ですね。
なので、プレッシャーもありますが、向井くんとの二人の思い出の部分は楽しく、でも時間が経って思い返すともどかしさを感じたりするようなリアルな質感を作っていければと思います。
皆さんの何か共感できるポイントだったりとか、「あぁ、こうすればいいのに」とか「あぁ、こうしてれば…」っていうドキドキが楽しめるドラマになるように頑張っていきたいなと思っています。

©日本テレビ

ドワンゴジェイピーnews


(出典 news.nicovideo.jp)

【【ドラマ】赤楚衛二の頬を指す謎の女性は誰?生田絵梨花が明かす『こっち向いてよ向井くん』の裏話】の続きを読む


ドラマ『こっち向いてよ向井くん』で赤楚衛二が織りなす胸キュンストーリーに注目!


赤楚 衛二(あかそ えいじ、1994年〈平成6年〉3月1日 - )は、日本の俳優、モデル。旧芸名は、赤楚 (まもる)。 大阪府守口市生まれ、愛知県名古屋市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 10代のころは名古屋のモデル事務所FORM JAPANに所属し、赤楚衛(あかそ…
43キロバイト (5,215 語) - 2023年5月7日 (日) 19:42


「赤楚衛二さんの主演は見応えがありそうですね!ちょっと同じような年齢層の主人公として共感できるかもしれません。楽しみにしています!」

 赤楚衛二が主演を務めるドラマ『こっち向いてよ向井くん』が、日本テレビ系にて7月より毎週水曜に放送されることが決定した。赤楚がGP帯連続ドラマで主演を飾るのは本作が初。日テレ水曜ドラマで男性が単独主演するのは約7年ぶりとなる。

【写真】ドラマ『こっち向いてよ向井くん』に主演する赤楚衛二

 原作は、2022年の「第13回 ananマンガ大賞 準大賞」を受賞、「FEEL YOUNG」にて連載中の、ねむようこによる同名漫画。10年ぶりに恋をしようと意気込む主人公向井くん”に待ち受けていたのは素敵女子たちとの出会い、そして10年前の忘れられない元カノ。切実なのに笑えてしまう、不器用だから胸をうつ。それでも恋を諦めきれない恋愛迷子たちが織りなすラブストーリーだ。

 主人公・向井悟(むかいさとる)は、都内のTシャツメーカーで働く33歳の会社員。雰囲気も性格も良く、仕事もできて、先輩にも後輩にも好かれている。そんな人が自然と集まってくる「いい男」なのに、10年間彼女がおらず、「恋」をしていない。友達が父になったり、妹が結婚したり…の中でふと独りな自分に気づいてしまった。

 「仕事にも余裕が出て来た今の自分なら、新しい恋、しようと思えば出来るはず」。幸いにも親しくしてくれる女性は多いので、久しぶりの恋にチャレンジする向井くんだったが、どうにも恋愛に発展しない。「なぜ?オレの何が間違ってるの?」。向井くんの「恋をしよう」という決意は、「恋の仕方の間違い探し」の日々の始まりだった…。

 主演の赤楚は、主人公向井くんについて「仕事もある程度キャリアを重ねていて、近くにいたらすごく頼りがいもあって、相談にのってくれそうないい人。でも10年ぶりに恋愛をしてみると相手からは『優しいけど、この優しさはなんかちょっと違うな?』って思われちゃう、恋愛において迷子になってしまっている男の人です。僕も含めて、男性はみんなどこかに向井くん的な部分があるんじゃないかなと思います」と説明。

 そして「この物語は男性である向井くん目線のラブストーリーですが、もちろん女性から見ても『こういう男の人いるよね』って思い当たったり、ちょっとしたセリフリアルでグサッと刺さったり、性別を問わず楽しめる作品になっています」と作品をアピールし、「これから発表になっていく素敵なヒロインのみなさんに向井くんがどう翻弄されていくのか、僕自身も演じるのが楽しみです」と期待をにじませた。

 なお今回、赤楚が原作コミックス第一巻の表紙を再現した第一報写真も解禁。後ろから呼びかけられて振りむく向井くんの頬には女性の手が。果たしてこれは一体誰の手なのか。向井くんを翻弄するヒロインたちにふんするキャストも、今後随時解禁されていく予定だ。

 今回の映像化にあたり、原作者のねむようこは「ある日深夜のラジオパーソナリティの男性が赤裸々に失恋の話をしていました。仕事では成功してどこからどう見ても立派な大人の35歳男性。なのに恋となるとこんなに無様なのかと、なんだか可笑しくて愛おしくて、次の漫画の主人公はこんな感じの男の人にしようと思いました」と物語が生まれたきっかけを振り返り、「あの日の思いつきが今こんなところまで辿り着いてただただ恐縮しています。ドラマをご覧の皆様にも迷える向井くんを応援して頂けたら幸いです」とメッセージを寄せている。

 水曜ドラマ『こっち向いてよ向井くん』は、日本テレビ系にて7月より毎週水曜放送。

主演、原作者、プロデューサーコメント全文は以下の通り。

コメント全文>

■赤楚衛二(向井悟役)

初の地上波GP帯の連続ドラマでの主演を務めさせていただくことになり、身の引き締まる思いです。

今回僕が演じさせていただく主人公向井くんは、仕事もある程度キャリアを重ねていて、近くにいたらすごく頼りがいもあって、相談にのってくれそうないい人。でも10年ぶりに恋愛をしてみると相手からは「優しいけど、この優しさはなんかちょっと違うな?」って思われちゃう、恋愛において迷子になってしまっている男の人です。打ち合わせの時に「こういう人って結構いますよね」と、鈴木プロデューサーにお話ししたところ、「僕が全く一緒で……」と仰っていて。僕も含めて、男性はみんなどこかに向井くん的な部分があるんじゃないかなと思います(笑)

この物語は男性である向井くん目線のラブストーリーですが、もちろん女性から見ても「こういう男の人いるよね」って思い当たったり、ちょっとしたセリフリアルでグサッと刺さったり、性別を問わず楽しめる作品になっています。これから発表になっていく素敵なヒロインのみなさんに向井くんがどう翻弄されていくのか、僕自身も演じるのが楽しみです。ぜひ、第一話の放送を楽しみにお待ちください!

■ねむようこ(原作)

ある日深夜のラジオパーソナリティの男性が赤裸々に失恋の話をしていました。仕事では成功してどこからどう見ても立派な大人の35歳男性。なのに恋となるとこんなに無様なのかと、なんだか可笑しくて愛おしくて、次の漫画の主人公はこんな感じの男の人にしようと思いました。

あの日の思いつきが今こんなところまで辿り着いてただただ恐縮しています。ドラマをご覧の皆様にも迷える向井くんを応援して頂けたら幸いです。

■鈴木将大(プロデューサー日本テレビ

結婚だけが幸せじゃない時代の、恋愛のゴールとは…。ドラマにおける一世代前の恋愛、結婚できない男は、仕事はできるけど性格が…性格はいいけど仕事が…と、分かり易い欠点がありました。しかし向井くんは、ちょっとスペックが高い“普通”の男の子。なのに恋が、結婚ができない。

空気を読む事に長けた僕達「向井くん世代」は、見られる事ばかり考えて、人をどう見るかを深く考えず大人になりました。そんな向井くんが、出会い方も、愛する対象も、幸せの形も、全てが多様化した時代にどのように人と向き合い、恋をして、どんな大人になっていくのか。「人と向き合う」事の面倒くささや、楽しさ、そして向井くんの成長を描きます。

そんな向井くんは、「また間違えてるよ~」「違う違う!」「気持ちわかるわ…」「よく頑張った!」と応援したり、励ましたり、時に叱りたくもなる…誰からも愛されるキャラ。くるくる変わる表情でお芝居をされる赤楚衛二さんは僕の中で向井くんそのもので、「是非!向井くんとしてもがいてください」とオファーさせていただきました。女性主人公が多かった水曜ドラマで赤楚さんがどんな向井くんを演じてくれるのか、今からとても楽しみです!

結婚だけが幸せじゃない時代の、ラブストーリーゴールとは…。向井くんらしい答えを出し、多くの人が前向きになれるドラマにしたいと思っています。

赤楚衛二、7月スタートドラマ『こっち向いてよ向井くん』に主演 (C)日本テレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

【【ドラマ】『こっち向いてよ向井くん』で赤楚衛二が織りなす胸キュンストーリーに注目!】の続きを読む

このページのトップヘ