吉高由里子


吉高由里子&柄本佑が平安神宮でクランクイン! 待望の映画『光る君へ』の制作が始まる


光る君へは今から放送が待ち遠しいです。吉高由里子の演技も柄本佑の存在感もとても魅力的で、物語の世界観に引き込まれそうです。

吉高由里子が主演を務める大河ドラマ光る君へ」にて、主人公紫式部を演じる吉高と紫式部の生涯のソウルメイト藤原道長を演じる柄本佑が、5月28日に京都・平安神宮クランクインしたことが分かった。

【写真】楽しそうに話す高由里子と柄本佑の仲良し2ショット

大石静が脚本を務める同ドラマは、紫式部主人公に、変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語。千年の時を超えるベストセラー「源氏物語」を書きあげた女性の秘めた情熱と想像力、ひとりの男性への思いが描かれる。クランクインにあたり、吉高と柄本がコメントを寄せた。

紫式部役・吉高由里子コメント

これからの一年半という長い期間の初日を、ドラマゆかりのある京都で迎えられたこと、大変うれしく思っています。この平安神宮での撮影は、令和から平安時代タイムリープをしたような気持ちになりました。いよいよ撮影が始まりますが、戦のない鮮やかな時代なので、普段見られない光景や衣装、四季を楽しめるのかなと思ってます。

紫式部キャラクターについて、それほど明るいキャラクターというイメージを持っていませんでしたが、今作は好奇心旺盛で多感な女の子になっています。まひろ(紫式部)の成長とともに、源氏物語がどう描かれていくのか、紫式部の興味に気づいていけたらなと思っています。大石さんの情熱的な脚本を照れずに頑張って演じていきたいと思います。

藤原道長役・柄本佑コメント

準備段階で京都に何度も赴いて、紫式部のお墓や道長ゆかりの場所を巡ってきました。いよいよ撮影開始となり、京都が舞台の物語をまずこの京都から始められること、しかも今日は道長にとってもちょうどドラマ初登場のシーンの撮影で、これから一年半撮影が続く初日に、その大元となるエネルギーを頂けた感じがしていて大変光栄です。

吉高さんとの2度目の共演、また初めて共演する方も多く、非常に楽しみにしています。今のところ大石さんが書かれる脚本が「まあ面白い!」。今日は歩いているシーンの撮影でしたが、早く大石先生のせりふをしゃべってみて、自分の中にどんなことが起こるのかというのも楽しみです。


吉高由里子“紫式部”と柄本佑“柄本佑”/(C)NHK


(出典 news.nicovideo.jp)

【吉高由里子&柄本佑が平安神宮でクランクイン! 待望の映画『光る君へ』の制作が始まる】の続きを読む


「最愛のはずが!」吉高由里子に対するファンの怒りが爆発


確かに、自分が応援している俳優や女優が好きな相手と付き合うとショックですが、そこまで怒りの突撃は必要ないでしょう。吉高由里子さんには、幸せな恋愛をしてもらいたいです。

 6月1日配信の「フライデーデジタル」が吉高由里子の熱愛記事を掲載した。吉高のお相手は一般の会社員だという。

「『フライデー』は今回、吉高が、尾上松也を思わせる長身イケメンと2人で夜の街に消えていく様子をキャッチ。記事に登場する吉高の知人によれば、男性は一般企業に勤める会社員で、共通の友人を通じて吉高と知り合ったのだとか。年齢が近く包容力もある相手男性を吉高は信頼しきっており、1年ほど前から交際に発展したとのことです」(芸能記者)

 吉高といえば、2021年の主演ドラマ「最愛」(TBS系)が大ヒット視聴者の間では同ドラマで相手役を務めた松下洸平とのカップルファンが急増したほか、真偽不明のSNSを通じた交際匂わせ疑惑も話題となった。それだけに一部の「最愛」ファンは、今回の熱愛報道にショックを受けているという。

「今回、吉高の相手が松下ではないと明らかになったことで、『最愛』のカップルファンと思われるSNSアカウントでは『松下さんと一緒になってほしかった!』と嘆く声があがることに。また、吉高のツイッターに対しても、『松下さんと結ばれるものだと思ってました。ショックすぎます。もう嫌いになりました。さようなら』『大河ドラマも見ません』などと怒りをぶつける声まで飛び交っているのです。ですが、これまで吉高と松下の交際疑惑はドラマファンの勝手な憶測でしかなかったため、ネットでは『妄想を押し付けられてきた吉高さんが気の毒すぎる』と、吉高に対して同情する声があがっています」(前出・芸能記者)

 来年はNHK大河ドラマ光る君へ」で主演を務めるなど、恋も仕事も絶好調の吉高。今回の熱愛報道により、松下との噂は落ち着いていきそうだ。

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【「最愛のはずが!」吉高由里子に対するファンの怒りが爆発】の続きを読む


吉高由里子、大河ドラマ撮影の難しさに感じ入る「まだ他人事みたい」


吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。アミューズ所属。 高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。女優に…
55キロバイト (6,973 語) - 2023年4月27日 (木) 18:21


「まだ他人事と感じている吉高さんも、そのうち自分が出演する大河ドラマに圧倒される日が来るかもしれませんね。」

 女優の吉高由里子が27日、自身のツイッターを更新。2024年大河ドラマ光る君へ』(NHK総合)の台本の量から受ける“圧”についてつづった。

【写真】吉高由里子、既に10話までそろった大河ドラマ台本に「これがあと5倍くるのかぁ」

 大河ドラマ第63作となる本作は、平安中期にのちに世界最古の女性文学といわれる『源氏物語』を生み出した紫式部の人生を描く。吉高は、主人公紫式部まひろを演じることが発表されている。

 まだ放送まで8ヵ月以上あるが、吉高が投稿した写真には既に10話までの台本がずらりと写っている。「そろそろ本格的に 本腰入れて靴紐しめて 長い旅路に備えよ己 って圧が」「目の前に並ぶ本達がこちらを見てくる」と、台本たちから感じる“圧”についてつづった吉高。1年間を通して放送される大河ドラマの話数は、毎年大体50話弱となることから、「これがあと5倍くるのかぁ」と感慨深げに続けた。

 また、「大石さん凄いなとまだ他人事みたいに客観視してる自分がいるが お前だよ! って突っ込む自分もいる」と、脚本を務める大石静への尊敬の念も明かしつつ、2025年大河ドラマの主演を務めることが発表された横浜流星に対しては「あ、次流星氏なのね スタートもしてないけど バトンは繋ぎたい」と“大河女優”としての決意をあらわにしていた。

 この投稿にファンからは、「これだけでも凄いのに、あと5倍も届くんですね」「見てるだけでヒーヒーしちゃいます…」「書くのも覚えるのも凄い」と大河ドラマ台本の量に驚きの声が。また「放送、ほんとに楽しみです!」「がんばってください!」などと期待や応援の声も寄せられている。

引用:「吉高由里子ツイッター(@ystk_yrk)

吉高由里子  クランクイン!


(出典 news.nicovideo.jp)

【吉高由里子、大河ドラマ撮影の難しさに感じ入る「まだ他人事みたい」】の続きを読む

このページのトップヘ