ジャニーズ問題


「ジャニーズ社名変更?舞台からジャニー氏の名前消えるかも?」


やはり被害者の心情を考えると、社名変更をしたほうがいいのでしょうね。

 ジャニーズ事務所創業者で故ジャニー喜多川前社長をめぐる性加害問題を受け、9月9日から東京・帝国劇場で上演される舞台「DREAM BOYS」の「エターナルプロデューサー」からジャニー氏が外れたことを、各メディアが報じた。

 同作は、ジャニー氏の作・構成・演出、元副社長でジャニーズを退所している滝沢秀明氏の主演で2004年に初演。以降、同事務所の所属タレントが主演を務め、今年で20年目を迎え、Snow Manの渡辺翔太が主演、ライバル役でSixTONESの森本慎太郎が共演することが発表されていた。

 ジャニー氏が死後の公演では、「エターナル(=永遠の)・プロデューサー」としてクレジットされていたが、今回はクレジットされず。

 ​>>ジャニーズ事務所、10代の退所者も急増中? キスマイ北山に続くデビュー組も<<​​​

 また、帝国劇場では例年、KinKi Kids堂本光一が主演の「Endless SHOCK」も上演。一部メディアが同劇場を直営する東宝の担当者に「今後も、ジャニーズ関連舞台でジャニー喜多川氏の名前は外すのか」と質問したところ、「今後、クレジットしない予定です」と回答したという。

 「ジャニー氏が亡くなり、もはやただの〝黒歴史〟でしかなくなったジャニー氏の性加害問題だが、もはやジャニー氏の名前はジャニーズタレントを起用している企業のコンプライアンス的にも使えない状況。テレビでは報道以外にジャニー氏の名前を出すのはNGになってしまった」(テレビ局関係者)

 ジャニー氏の性加害問題をめぐっては、所属タレントで最年長の東山紀之が、自身がMCを務めるテレビ朝日系の情報番組「サンデーLIVE!!」にて、「今回は社名の由来にもなっている故・ジャニー喜多川氏をめぐる問題ですから、社名変更を検討するのは自然なことかもしれません」と発言。社名変更の可能性をにおわせていたのだ。

 「早ければ、ジャニー氏の命日の7月9日にも社名変更があるのでは。さすがに、社長の荷は重いので藤島ジュリー景子氏は留任。ジャニー氏時代から仕える古参の副社長は退任して、そこに関連会社社長の井ノ原快彦が入り事実上のトップに立つのでは」(芸能記者)

 ジャニーズの大変革が近そうだ。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

【「ジャニーズ社名変更?舞台からジャニー氏の名前消えるかも?」】の続きを読む


櫻井 (さくらい しょう、1982年〈昭和57年〉1月25日 - )は、日本の男性タレント、俳優、歌手、作詞家、司会者、キャスターであり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。 群馬県前橋市生まれ、東京都港区育ち。戸籍上の表記は旧字体が含まれた「櫻井」だが、常用外漢字等の使用に制限がある一部メディ…
105キロバイト (13,954 語) - 2023年6月3日 (土) 07:00
「私も、その場にいた人たちがなぜ質問しなかったのかが疑問でした。しかし、放送事故につながるかもしれないので、そうした質問はやはり慎重になる必要もあるでしょうね。」

1 風吹けば名無し :2023/06/06(火) 20:58:04.54ID:T4h5hevX00606
ないといえばないでいいし、答えられへんかったらされたってことやんな

【生放送で櫻井翔に「自分は性被害者なのか?」誰も聞かないの?聞いちゃダメなの?隠密にしろと。】の続きを読む


 櫻井翔が話題のジャニーズ性加害問題に涙ながらに語った真実とは?


櫻井 (さくらい しょう、1982年〈昭和57年〉1月25日 - )は、日本の男性タレント、俳優、歌手、作詞家、司会者、キャスターであり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。 群馬県前橋市生まれ、東京都港区育ち。戸籍上の表記は旧字体が含まれた「櫻井」だが、常用外漢字等の使用に制限がある一部メディ…
105キロバイト (13,954 語) - 2023年6月3日 (土) 07:00


涙を流して訴える櫻井さんの姿には、真摯な取り組みを感じました。このような問題が起こらないように、事務所や業界全体が改善に向けて動くことが必要です。

 嵐の櫻井翔が、5日放送の日本テレビ系news zero』(月~木 後11:00、金曜11:30)に出演し、ジャニーズ事務所の前社長で創業者・ジャニー喜多川さんの性加害問題について、時折涙をこらえながら言及した。

【画像】ジャニーズ事務所「明日の“私たち”へ。」”4つ”約束

 性被害を受けた元ジャニーズJr.のダンサーらが「約4万人分の署名」を与野党に提出されたことに触れた櫻井は「この件について、自分の言葉でお伝えできればと思います。今回の件ですが、私には2つの側面があると思います」と切り出した。以下、発言の全文を掲載する。

櫻井翔の発言全文
この件について、自分の言葉でお伝えできればと思います。今回の件ですが、私には2つの側面があると思います。一つは今、問題の責任が問われている事務所に所属しているということ。そしてもう一つ大きな意味では、自分は被害者側に見られるうる立場に置かれているということことです。私にとって2つのコメントすることは難しいと考えていました。

今もまだどの立場でどうお話できるのか難しいのですが、お伝えしたいことの一つは、臆測で傷つく人たちがいるということです。

かつて同じジャニーズJr.として時間を共にしてきた大切な仲間の中には、すでにこの世界とは全く違うところで新しい人生を歩んでいる人たちがたくさんいます。そういう人たちも含めてあらぬ憶測を呼び、今回の問題の対象になってしまうことは、何よりも避けなくてはいけない。避けたいと。そこを考える中で、私自身、発言すること自体がまた憶測を呼び、広げ、無関係な人々まで傷つけることにつながるのではないかということを恐れています。

ただです。だからこそ、ジャニーズ事務所は話したくない人の口を無理やり開かせることなく、しっかりとプライバシーを保護した上で、どのようなことが起こっていたのか調査してほしい。そして被害を訴える方々、並びに本日提出された署名した皆さんの思いを重く受け止め、二度とこのような不祥事が起こらない体制を整えなければならないと思います。最後にあらゆる性加害は絶対に許してはならないし、絶対に起こしてはならないと考えています。

日本テレビ(C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)

【 【ようやく重い口を開いた櫻井翔】ジャニーズ性加害問題に涙ながらに語った真実とは?】の続きを読む


ジャニーズJr.が驚愕の広告展開!しかしそのデザインは…


プロジェクト ジャニーズ ジャニーズJr.(ジャニーズジュニア)は、ジャニーズ事務所に所属するタレントのうち、公式サイトで単独ページを持たない者やCDデビューしていない者に対しての総称。略称は「Jr.」。2023年3月時点で、約200人が在籍している。 主としてジャニーズ
232キロバイト (23,406 語) - 2023年6月1日 (木) 14:03


「Jr.ライブが楽しみだったのに、この広告を見たら少し不安になってきました。何とかヤバいデザインを改善して欲しいです。」

 6月1日の「東スポWEB」が、ジャニーズJr.に関する記事を掲載。夏に発表されると噂されるJr.内グループデビュー計画に暗雲が垂れ込めているという。

「記事によると、ジャニーズJr.内のグループは現在、『美 少年』『HiHi Jets』『Aぇ!group』という3組のデビューが噂されており、夏に開催されるJr.メインドーム公演での発表が有力視されているのだとか。しかし一方で、ジャニーズの創業者・ジャニー喜多川氏の性加害問題が騒がれる中でデビューを発表すれば、世間から反発を招く可能性があります。それだけに3組のデビュー計画に狂いが生じ、先延ばしになるかもしれないとのことです」(芸能記者)

 東西2大ドームで行われる夏の公演では、総勢200人のJr.メンバーが参加すると言われる。そんな中、5月下旬から新宿駅渋谷駅周辺で同イベントを知らせる巨大広告が張り出されているのだが、そのデザインに関して辛辣な意見も殺到しているという。

ドーム公演の開催を知らせる巨大広告には、『さあ、楽しい方へ。』というキャッチコピーとともに、Jr.メンバー約200人の集合写真が掲載されています。さらにその横には、写真に写っているJr.たちのフルネームが、1人1人びっしりと並べられているのです。現在、元Jr.の性被害告発が相次ぐ中、現Jr.の個人情報を公道に掲示したことについて、ネットでは『この広告を今のタイミングで出すのはヤバくない?』『子どもの親たちに許可を取ったのだろうか』『顔と名前を載せられた子の退路を塞いでるかのよう』と厳しい意見が相次いでいます」(前出・芸能記者)

 ジャニーズ側としては顔と名前を覚えてほしいという意図があったのかもしれない。だが、時期が時期なだけにJr.メンバーを心配する声が多いようだ。

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【ジャニーズJr.が驚愕の広告展開!しかしそのデザインは…】の続きを読む


デビュー組はシャレにならなかった? ジャニー氏からの性被害の回数 


ジャニーさんが亡くなられた今でも、被害に遭った人々の傷は癒えないままです。この問題について、一刻も早く解決策を見つけていくべきだと思います。

 これまでは、歌手のカウアン・オカモトら元ジャニーズJr.たちが、ジャニーズ事務所創業者で2019年に亡くなったジャニー喜多川氏からの性被害を告発していたが、ついにCDデビューしたグループの元メンバーが告発した。

 発売中の「週刊文春」(文芸春秋)に対して告発したのは、ジャニーズ事務所アイドルグループ・忍者の元メンバーの志賀泰伸氏。

 忍者は6人組で、美空ひばりの「お祭りマンボ」をリメークした「お祭り忍者」で1990年8月にデビューデビューからわずか4カ月後にNHK紅白歌合戦に初出場を果たしていた。

 ​>>『しゃべくり007』テロップに視聴者ザワつく、ジャニーズのタブー触れた? ゲスト希望歌手が物議<<​​​

 志賀氏によると、今月14日にジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長が動画と文書でジャニー氏の、性加害について説明した際の発言を聞き、「ウソつけ!」と思ったそうで、「紅白にも出た、CDデビューした人間が語ることで、問題への関心が高まればと思い、立ち上がった次第です」と告発を決意した理由を明かした。

 初めて被害にあったのは、多くの元所属タレントが被害にあったいわゆる合宿所で、トータルで「30回から40回くらいは性的虐待があったと思います。そのたびに、ジャニーさんの性癖にまた巻き込まれてるって思い、会うのも嫌だし、話すのも嫌になって、合宿所から足が遠のいていきました」と振り返った。

 「カウアンら複数の元タレントは15回から20回被害にあったと告白していたが、デビュー組の元タレントはシャレにならない回数の被害を受けていたことが発覚。ようやくCDデビュー組が告発を始めた。志賀氏の勇気に触発されたほかのCDデビュー組の告発が待たれる」(芸能記者)

 先日、かつてはジャニー氏の寵愛を受けていた歌手の郷ひろみが報道陣の取材に応じたが、ジャニー氏には言及せず。郷はお墓まで持って行く覚悟を決めたと思われるが、ほかのCDデビュー組の告発に期待したい。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

【デビュー組はシャレにならなかった? ジャニー氏からの性被害の回数】の続きを読む

このページのトップヘ