SixTONES


SixTONESの最新シングル「こっから」が描くドラマ「だが、情熱はある」とのリンクに、ファンから感動の声が続々!


「こっから」の歌詞と「だが、情熱はある」のドラマが絶妙にリンクしていて感動しました。二つの作品が共通して伝えようとしているメッセージは、夢や情熱を持って頑張ることの大切さです。努力と情熱を持つことで、苦難を乗り越えて目標に辿り着くことができるという希望を感じました。

モデルプレス=2023/06/30】6月25日(日)に最終回を迎えた、日本テレビ系日曜ドラマ「だが、情熱はある」。主題歌になったSixTONES(ストーンズ)の「こっから」が、10thシングルとして2023年6月14日リリースSNSでも注目を集めたSixTONES・森本慎太郎の演技力や、主題歌「こっから」の魅力とは?

【写真】SixTONES、10thシングル「こっから」 ドラマ「だが、情熱はある」とリンクするメッセージ性に反響

ドラマ「だが、情熱はある」で更に磨きがかかったSixTONES・森本
「だが、情熱はある」は負の感情を燃料にして進んできた、オードリー若林正恭南海キャンディーズ山里亮太の半生を描いた青春ドラマ。W主演として山里役をSixTONES・森本、若林役をKing&Prince・高橋海人(※「高」は正確にははしごだか)が演じた。

ドラマ視聴者は「山ちゃん役の役者さんがジャニーズだとは…演技が上手」「憑依した演技力」「森本の演技に感銘を受けている」と、下積み時代や漫才など、細部まで再現された森本の演技力に圧倒された様子。

主題歌となったSixTONESの楽曲「こっから」は、第8話以降オープニングを飾り、新たにKing&Princeの13枚目シングル「なにもの」がエンディングテーマ曲となった。

SNSでは「オープニングで「こっから」を聴くとワクワクする」「ストーリーに沿ったメッセージ性のある歌詞で好きになった」といったコメントが。

ドラマファンも注目を集めるSixTONESの楽曲「こっから」は6月14日(水)に10thシングルとして発売された。

■「だが、情熱はある」とリンクする「こっから」の魅力とは?
「こっから」はドラマの内容と重なるような、“どれだけ上手くいかなくても、天才じゃなくても「こっから」始めよう!”という強い決意と情熱溢れる応援歌

曲の冒頭から田中樹、京本大我、ジェシー、高地優吾(※「高」は正確にははしごだか)の順で始まるラップマイクリレー一気に心を掴まれる楽曲になっている。

ドラマを観た人なら、森本が歌う「間違ってる未来でも俺には光ってる」や、サビの「夢と相思相愛になれるはずなんだ」といった歌詞が響くはず。ドラマを観ていなくても、背中を押してくれる歌詞が詰まっており、リアルな人間味のある応援歌となっているのが特徴的だ。

また、MVは下町が舞台になっているカットと、生バンドバックにしたダンスカットレトロな衣装で、歌詞だけでなくMVもドラマとの親和性を高く感じられ、作り込まれているのが分かる。

SNSでは「1回聴いたら止まらない。何回もMV観てる」「『だが、情熱はある』の役者さんすごいと思ってMV観たら、かっこよくてハマる要素たくさん」「テレビで聴いたら今の自分に歌詞が刺さって泣いた」などドラマきっかけでSixTONESの虜になる人も続出。

さらにSNSで話題となっているのが歌詞にちりばめられているメンバーカラーワード。遊び心も忘れないSixTONESの代表作ともいえる楽曲になるだろう。

YouTube限定でダンスパフォーマンスのみの動画も公開されている。HIPHOPブレイクビーツ(※)×生バンドによる迫力のある「こっから」に注目してみては?

※既存のリズムを分解して再構築したもの

■初のアリーナツアー「慣声の法則」も音源と映像で収録される「こっから」

初回盤Aに収録されている「雨」は、10thシングルの新曲。ピアノの前奏から始まるしっとりとした楽曲で、切ない想いが綴られている失恋ソングとなっている。

通常盤には「FIREWORKS」「Tu-tu-lu」「ABARERO-Dark Electro Rock Remix-」が収録。「FIREWORKS」は、ラテン系のアッパーチューン。夏に向けて聴きたい、テンションの上がる楽曲だ。

SixTONESらしいセクシーさも感じる「FIREWORKS」に続くのが「Tu-tu-lu」。しっとりとした楽曲で、寂しさを癒してくれるメロディーラインが魅力的。

さらに、9thシングルSixTONESの音楽の可能性を広めた楽曲「ABARERO」がDark Electro Rock Remixとして10tシングルにも登場。ロック調でさらにパワフルになった「ABARERO」はライブを聴いているかのような感覚に。新曲からRemixまで、聞き逃せないシングルとなっている。

初回盤Bには、今年1月に行われたアリーナツアー「慣声の法則」横浜アリーナ公演から、「S.I.X ~ Special Order ~ フィギュア ~ RAM-PAM-PAM ~ WHIP THAT ~ Outrageous」までの怒涛のメドレーを収録。迫力のあるメドレーDVDにも収録されているため、ライブ映像も楽しめる。

ライブに行けなかった方はもちろん、「こっから」でファンになった方も、いろいろなSixTONESを知るきっかけになるはず。通常盤Bは新曲「こっから」が収録され、さらにはライブ映像も楽しめる贅沢な収録内容になっている。

シングルリリースする度にファンの心を掴んでいくSixTONES。彼らのパフォーマンスはさらにここから光り輝いていくだろう。(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社ソニーミュージックマーケティングユナイテッド

■10thシングル「こっから」
・初回盤A
1.こっから
2.雨

DVD
こっから-Music Video-
こっから-Music Video Making-
こっから-Music Video Solo Movie-

価格:¥1,760(税込)
仕様:スリーブケース

・初回盤B
1.こっから
2.Medley from「慣声の法則」at 横浜アリーナ(S.I.X ~ Special Order ~ フィギュア ~ RAM-PAM-PAM ~ WHIP THAT ~ Outrageous)

DVD
Medley from「慣声の法則」at 横浜アリーナ(S.I.X ~ Special Order ~ フィギュア ~ RAM-PAM-PAM ~ WHIP THAT ~ Outrageous)

価格:¥1,760(税込)
仕様:スリーブケース

・通常盤
1.こっから
2.FIREWORKS
3.Tu-tu-lu
4.ABARERO-Dark Electro Rock Remix-
5.こっから-Instrumental-

価格:¥1,100(税込)
仕様:スリーブケース+20Pフォトブック(初回仕様)

SixTONESメンバープロフィール
ジェシー(じぇしー)
生年月日:1996年6月11日
出身地:東京都
血液型:O型
メンバーカラー:赤

・京本 大我(きょうもと たいが)
生年月日:1994年12月3日
出身地:東京都
血液型:B型
メンバーカラーピンク

・松村 北斗(まつむら ほくと)
生年月日:1995年6月18日
出身地:静岡県
血液型:B型
メンバーカラー:黒

・高地 優吾(こうち ゆうご)
生年月日:1994年3月8日
出身地:神奈川県
血液型:A型
メンバーカラー:黄

・森本 慎太郎(もりもと しんたろう
生年月日:1997年7月15日
出身地:神奈川県
血液型:A型
メンバーカラー:緑

・田中 樹(たなか じゅり)
生年月日:1995年6月15日
出身地:千葉県
血液型:B型
メンバーカラー:青

SixTONES(提供画像)


(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONESの最新シングル「こっから」が描くドラマ「だが、情熱はある」とのリンクに、ファンから感動の声が続々!】の続きを読む


Travis Japan七五三掛龍也、同期・松村北斗と「まだ連絡先交換したことなくて」 弁明試みるも時間切れ 


松村 北斗(まつむら ほくと、1995年〈平成7年〉6月18日 - )は、日本のアイドル、俳優。男性アイドルグループ・SixTONESのメンバー。 静岡県島田市出身。ジャニーズ事務所所属。 2009年2月15日、山下智久に憧れジャニーズ事務所に入所。オーディション翌日「この世界はサプライズでできて…
97キロバイト (12,625 語) - 2023年6月14日 (水) 23:18


「連絡先交換できていない理由を聞かれると、やはり忙しさとスケジュールの都合が関係しているのかなと思います。彼らの多忙さが窺える記事でした。」

 人気グループ・Travis Japanが、テレビ東京系できょう28日に5時間生放送される音楽特番『テレ東音楽祭2023夏~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~』(後5:30~10:24 ※一部収録)に応援団長として登場。総合司会を務めるTOKIO国分太一と共に同期話に花を咲かせた。

【写真】INI、SUPER BEAVERら…出演アーティスト第2弾

 国分から同期を問われた川島如恵留は「Sexy Zoneの中島健人や菊池風磨がほぼ同期です」、七五三掛龍也は「SixTONESの松村北斗が同期です」と答えた。続けて「トニセンの坂本昌行くんが同じオーディション」と明かした国分に同期とのエピソードを問われると、七五三掛は「事務所入ってから唯一北斗とだけはまだ連絡先交換したことなくて」と告白。「仲良くないわけじゃないですよ」と説明しようとしたところで、時間切れとなった。

 同番組は、TOKIO国分太一が総合司会、同局の田中瞳アナウンサーが進行、Travis Japan応援団長を務める。また、2014年の番組スタート以来初の見逃し配信も予定している。準備ができ次第、放送翌日以降に配信される。

『テレ東音楽祭2023夏~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~』(C)テレビ東京


(出典 news.nicovideo.jp)

【Travis Japan七五三掛龍也、同期・松村北斗と交換したことなくて」】の続きを読む


SixTONES松村北斗「バレンタインチョコの最高記録は?」に回答 共演者言葉失う 


松村 北斗(まつむら ほくと、1995年〈平成7年〉6月18日 - )は、日本のアイドル、俳優。男性アイドルグループ・SixTONESのメンバー。 静岡県島田市出身。ジャニーズ事務所所属。 2009年2月15日、山下智久に憧れジャニーズ事務所に入所。オーディション翌日「この世界はサプライズでできて…
97キロバイト (12,625 語) - 2023年6月14日 (水) 23:18


「共演者の方々も松村さんの回答に感心されている様子が伝わってきましたね。やっぱり彼はトークセンスが抜群です!」

モデルプレス=2023/06/24】SixTONESの松村北斗が、23日放送のテレビ朝日系バラエティー番組『トゲトゲTV1時間SP』(よる11時15分~)に出演。学生時代のバレンタインデーを回顧した。

【写真】「カムカムエヴリバディ」るい(深津絵里)、稔(松村北斗)との“繋がり”に視聴者涙「さすが親子」

◆松村北斗、初恋を告白

「初恋の年齢は?」と問われた松村は、「4歳」と回答。松村が「幼稚園の先輩のお姉さん。時々すれ違ってて、グッとくるものが…」と当時の気持ちを振り返り、「どうやらその先輩が幼稚園内の油絵教室に通ってる。ということで僕も(油絵教室に)飛び込んで…」と初恋の女の子がいたことをきっかけに油絵教室に通い始めたことを打ち明けると、3時のヒロイン・福田麻貴と中村倫也は「20代エピソードですけどね。すれ違ってグッときて油絵教室に一緒に」「熟年かもしれん」とその渋いエピソードツッコミを入れた。

また、松村は小学校中学校時代のバレンタインも回顧。「中学時代にもらったバレンタインチョコの最高記録は?」という質問が投げかけられると、共演者から「トラックでしょ?」などと推測が飛ぶ中、松村は「0です」とチョコレートをもらったことがないと告白し、驚きで周囲も言葉を失ったまま。

さらに「小学校は?」と問われると、「これは1です」とキリっとした表情で答え、松村のドヤ顔に中村は「キメ顔で言うには少ないな」とコメントし笑いを誘った。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONES松村北斗「バレンタインチョコの最高記録は⁈】の続きを読む


涙の理由は?SixTONES松村北斗、King Gnuのライブでの感動的な瞬間とは


「泣けるライブって最高ですよね。松村北斗さんのように、感情をストレートに表現するアーティストって、本当に素晴らしいと思います。」

モデルプレス=2023/06/24】SixTONESの松村北斗が、23日放送のテレビ朝日系バラエティー番組『トゲトゲTV1時間SP』(よる11時15分~)に出演。最近プライベートで泣いた出来事を明かした。

【写真】「カムカムエヴリバディ」るい(深津絵里)、稔(松村北斗)との“繋がり”に視聴者涙「さすが親子」

◆松村北斗、King Gnuライブで号泣

数字で答えられる質問に事前に回答し、対戦相手にぶつけた質問の答えの合計が100ピッタリになることを目指す「100ピッタリインタビュー」と題された企画に挑戦した松村。その中で「今年プライベートで泣いた回数は?」と質問されると、「2回」と答えた。

そのうちの1回は「King Gnuのスタジアムライブ」だそうで、松村は「チケット当たった。今までライブで1回もやってなかった曲をやって、それがすごく意味合いのある曲なんです。それを聴きながらもうブリブリブリブリ…って」と泣いた理由を説明し、手で涙を流すふりをしながら泣き真似をしたが、「ブリブリ」という松村の泣き方にスタジオからは「擬音キモッ」「擬音おかしい」と笑い混じりにツッコミが殺到した。

◆松村北斗、待ち時間に関する考え方を明かす

また、松村は時間に関する質問にも回答。「飲食店で料理が届かない時、何分まで声をかけるのを待てる?」と問われると、松村は「60分」といい、「先日ご飯行った時に、『あれ、そういえば(料理)全然来ないな』って思ったのが40分。自分の中で声をかけようかなっていう気持ちあるじゃないですか。それが半分ぐらいまで行った時にカレーが届いたんですよ。それが50分だった。だから多分60分経ったらさすがに1回声かけるなって」と実際にカレー屋で50分料理を待ち続けたことを明かした。

しかし、松村は「連絡がなく相手が遅刻した時にギリ許せる」のは「5分」だとも告白。そんな松村に満島真之介は「怖っ!カレーは1時間待てるんだよ?人は5分って」と驚きの声を上げたが、松村は「友達とかだったら、連絡しないって『どのようなご了見で?』って思っちゃう。(カレーは)目の前で必死に常にお待ちくださいの背中が見えてるからそりゃ待ちますよ。でも連絡なく遅れるって『あなたどのようなご身分で?』って」とカレーの待ち時間と人の待ち時間の違いを力説し、笑いを誘っていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

【涙の理由は?SixTONES松村北斗、King Gnuのライブでの感動的な瞬間とは】の続きを読む


SixTONESの松村北斗、anan表紙で見せる“四変化”とグループ愛を語る!


松村 北斗(まつむら ほくと、1995年〈平成7年〉6月18日 - )は、日本のアイドル、俳優。男性アイドルグループ・SixTONESのメンバー。 静岡県島田市出身。ジャニーズ事務所所属。 2009年2月15日、山下智久に憧れジャニーズ事務所に入所。オーディション翌日「この世界はサプライズでできて…
97キロバイト (12,625 語) - 2023年6月14日 (水) 23:18


「an anの松村北斗さん、圧倒的な美しさですね。彼の魅力が存分に詰まっていて何度見ても飽きません。グループへの愛もしっかり語ってくれて、とても感動しました。SixTONESは本当に仲が良いんだなと感じます。」

モデルプレス=2023/06/19】SixTONESの松村北斗が、28日発売の雑誌「anan」2354号の表紙に登場。華麗なる四変化を見せている。

SixTONES松村北斗が明かした“アイドルコンプレックス”

◆松村北斗、3度目の「anan」表紙登場

ニューシングル『こっから』が話題沸騰中のSixTONESメンバーとしてはもちろん、7月にはなにわ男子・西畑大吾とのW主演ドラマ『ノッキンオン・ロックドドア』(テレビ朝日系)がスタート10月には出演映画『キリエのうた』の公開を控えるなど、巧みな演技力で俳優としても活躍中の松村。

そんな松村が同誌ソロ表紙に3度目の登場。松村が同誌の表紙を飾るのは、2022年6月1日発売の2301号以来、約1年ぶり。その中毒的な魅力と抜群の表現力で毎回話題を呼んでいるグラビアだが。今回もさらにパワーアップしてカムバックを果たした。

◆松村北斗、今号は“4つの旅”がテーマ「とてもワクワクした撮影だった」

ようやく国内も海外も、旅に行きたいモード復活の今。今号は「私たちが今、行きたい旅」をテーマにした特集となっている。

そして松村の撮影テーマは、“松村北斗が行く、4つの旅”。松村流の旅スタイルを、4つの衣装とセットで表現。どれも松村らしい“ホクトホリックな旅”となっている。

松村に今回の撮影の感想を尋ねると「最近旅行に関心が出てきていたので、旅にちなんだ撮影は、今の気分にぴったりでした。どの衣装もとても可愛くて、(中面で着用した)白いスーツなど新鮮な表情も楽しめると思います。僕自身とてもワクワクした撮影だったので、ぜひ見ていただきたいです!」と語ってくれた。

旅行だからこそ垣間見える、松村の自然体な表情が詰まった12Pとなっている。

◆松村北斗、4パターンの衣装&セットで異なる魅力全開

表紙にも起用された「バックパッカースタイル」では、バックパックひとつで旅に出る、自由気ままな旅人を表現。柔らかい風合いのリネンシャツに、アクセサリーを重ねづけしたスタイリングが、松村の飾らない色気を引き出す。潤んだ瞳でこちらを見つめたり、布にくるまってゴロンと横になったりまるで子犬のような姿に、思わず手を差し伸べたくなるはず。

また素肌に白いスーツをさらりと羽織った「ムービースタースタイル」では、海外でのトランジット中のひと時をイメージサングラスをかけてお忍びで登場後、キャリーケースを手に優雅に移動する風景を撮影。シンプルなコーディネートが洗練されたオーラを引き立て、唯一無二のまばゆさを放つ。

次に撮影したのは、晴天の空の中、ラグやバスケットを広げた「ヨーロッパ風バカンススタイル」。サイダースイカなど夏らしい小道具のラインナップに、松村さんも無邪気に大はしゃぎ。カラフルなスウェットやシャツをレイヤードした松村流のバカンススタイルとは。

さらに「ホカンススタイル」では、パジャマ姿でホテルゴロゴロとくつろぐ姿も。ベッドダイブしたり、寝癖ヘアでのびのびとあくびをしたり プライベート感満載の表情は見るだけで癒される。

松村の抜群の表現力のおかげで実現した4パターンのトラベル風シューティングは、それぞれの異なる魅力が全開となっている。

◆松村北斗、インタビューグループ愛溢れる

インタビューでは、最近の松村の旅事情のお話はもちろん、俳優アーティストとしての現在地や課題を語ってくれた。

SixTONESへの変化した想いと変わらない大切なコトとは?グループ愛が溢れる松村のピュアな言葉に、きっと心があたたまる。

◆ふぉ〜ゆ〜も登場

今号では、この夏行きたい旅のプランを大特集。青森・奥入瀬渓流で自然に癒される旅、温泉宿でゆったり過ごす養生旅、地元の食材を満喫する佐渡の美食旅、海と緑に囲まれて心地よい時間が流れる奄美大島、ワイナリーやブルワリーなどお酒を楽しむ旅、夏の京都開運旅、そして都心のホテルで贅沢ステイなど、見るだけで癒され、今すぐ行きたくなる旅先揃い。

そしてCLOSE UPには舞台『SHOW BOY』開幕直前のふぉ〜ゆ〜が登場する。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

松村北斗「anan」2354号(2023年6月28日発売)(C)マガジンハウス


(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONESの松村北斗、anan表紙で見せる“四変化”とグループ愛を語る!】の続きを読む

このページのトップヘ