ニュース


「日本だけ男性大臣が並ぶ写真、『タイム』誌が注目する」



 「日本、女性の地位向上に関するG7会合に男性大臣を派遣」――。米『タイム』誌は、G7の女性活躍担当大臣の会合に、日本だけ男性の小倉女性活躍担当大臣・内閣府特命担当大臣(男女共同参画)が参加したことを受け、日本のジェンダー平等の遅れが浮き彫りになったと指摘した。

【画像】『タイム』誌が「気まずい写真撮影」と報じた記念写真

 小倉大臣らが参加したのは、6月24日および25日に栃木県日光市で開催された「G7栃木県・日光男女共同参画・女性活躍担当大臣会合」。日本が議長国を務め、イタリアカナダフランスアメリカイギリスドイツおよびEUの男女共同参画担当大臣らが一堂に会した。コロナ禍に女性や女児、LGBTQなど性的マイノリティが置かれた状況や、女性の経済的自立などについて議論され、「G7ジェンダー平等大臣共同声明」が取りまとめられた。

 『タイム』誌が「気まずい写真撮影」と表現したのは、各国の男女共同参画担当大臣らを写した記念写真だ。日本以外の各国から参加した女性の大臣が並ぶなか、日本の小倉大臣のみ男性であり、「日本がジェンダーをめぐり現在進行形で苦闘している」ことを浮き彫りにした、と同誌は論じている。

 同誌は続けて、世界経済フォーラム6月21日に発表したジェンダー・ギャップ指数では、日本は146カ国中125位(前年から9ランクダウン)でG7のなかでも最下位だったことに加え、国会議員や閣僚の約90%は男性が占めており、上場企業の役員のうち女性は11.4%に過ぎないといった、日本の現状を報じた。

 日本のSNS上でも『タイム』誌の報道や記念写真が拡散され、「もはや風刺画」「恥ずかしい」「自ら墓穴を掘るべく開催した会議と言われても仕方がない」「悲しい気持ちになります」など、批判の声が多数上がっている。

 なお、女性活躍担当大臣は歴代12代(7人)が務めており、そのうち男性は今回が2人目。内閣府特命担当大臣(男女共同参画)は歴代29代(23人)が務めており、そのうち男性は今回が11人目となる。

会合に参加する小倉大臣(画像は内閣府男女共同参画局より)


(出典 news.nicovideo.jp)

【「日本だけ男性大臣が並ぶ写真、『タイム』誌が注目する」】の続きを読む


行方不明の潜水艇「タイタン」は圧壊、5人全員が死亡 アメリカ沿岸警備隊発表 


本当に悲しいニュースです。5人の方々のご冥福をお祈りいたします。

現地時間18日から行方が分からなくなっていた潜水艇「タイタン」の必死の捜索は、悲劇に終わった。沈没船タイタニック号の船首から約1600フィート(約490メートル)の海底でタイタンの船体の主要な部位の破片が発見されたことが明らかになり、乗員乗客5人全員の死亡が発表された。米ニュースメディア『CBS News』などが伝えた。

現地時間22日午前10時48分、遠隔操作の水中ビークルを投入して大規模な捜索を行っていたアメリカ沿岸警備隊は、タイタニック号付近の海底で潜水艇「タイタン」の破片が散らばっている場所を発見し、専門家による分析が行われていると発表した。また正午過ぎには、第1沿岸警備隊管区のジョン・モーガー少将(Rear Adm. John Mauger, the First Coast Guard District)が記者会見で、潜水艇の捜索中に発見された破片は「壊滅的な圧壊が起こった場合と一致する」と述べた。また数日間行方不明になっているタイタンの乗組員に生存の見込みはないとして、家族へ哀悼の意を表した。

破片の分析を担当した海底専門家のポール・ハンケン氏(Paul Hanken)は、5つの大きな破片がタイタンの残骸であると当局に伝えた。

「私たちが最初に見つけたのは、潜水艇の外側にあった部品でした。それは大惨事が起こったことを示す最初の兆候でした」とポール氏は語っている。

ダイビング専門家のデビッド・マーンズ氏(David Mearns)は英ニュースメディアBBC』に対し、ダイビングコミュニティと関係のある探検クラブの会長が、残骸には「タイタンの着陸フレームと後部カバーが含まれている」と述べたことを明かしている。タイタン圧壊の犠牲者のうち2人は、この探検クラブの会員だった。

この潜水艇は、オーシャンゲート・エクスペディションズ社が実施するタイタニック号を探検する観光ツアーに使われて、パイロットであり同社CEOであるストックトン・ラッシュ氏(Stockton Rush)と10代の男性を含む計5人が乗り込んでいたが、探検に向かって潜水航行中、マサチューセッツ州ケープコッドの東約1670キロの地点で18日に消息を絶った。

20日と翌21日にカナダ航空機が「水中騒音」を探知したことから、その情報を手掛かりに捜索海域を絞り、アメリカ沿岸警備隊は米軍のほか、カナダイギリスフランス当局などの支援を受けながら、潜水艇内の酸素が尽きるとされる22日までの救助を目指していた。

画像は『OceanGate Expeditions 2023年6月1日TwitterDespite being in the middle of the North Atlantic」』『9News 2023年6月23日付「All five passengers on board missing Titanic submersible dead aftercatastrophic implosion’」(9News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 秋本神奈)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

【行方不明の潜水艇「タイタン」は圧壊、5人全員が死亡 アメリカ沿岸警備隊発表】の続きを読む


生涯学習 (学び直しからのリダイレクト)
^ “学び直しについて:文部科学省”. 文部科学省ホームページ. 2022年5月25日閲覧。 ^ “「学び」に遅すぎはない! 社会人の学び直し「リカレント教育」 | 暮らしに役立つ情報”. 政府広報オンライン. 2022年5月25日閲覧。 ^ [1] ^ “マナパス 社会人の大学等での学びを応援するサイト”…
21キロバイト (3,106 語) - 2022年8月23日 (火) 14:20
「助成金の額が平均24万円ということで、一部の人だけが受け取れるような高額な補助とは異なり、広く社会人に支援を提供する意図が感じられます。この取り組みがより多くの人たちに届き、活用されることを期待しています。」

1 田杉山脈 ★ :2023/06/19(月) 14:37:07.95ID:CK91XTC9
 社会人の学び直しから転職までを支援する政府の新制度の概要がわかった。希望者は、専門スキルが身につけられる民間の講座を最大で1年間受けることができ、1人あたり平均24万円を助成する。今後3年間で、計約33万人の転職を後押しすることを目指す。

 経済産業省は近く詳細を発表し、2023年度中に始める。転職を希望する正社員と契約社員、派遣社員、パート・アルバイトが対象で、経営者や個人事業主らは含まない。教養を学ぶような講座も対象外となる。

 希望者は、キャリアコンサルタントの国家資格を持つ専門家に意見を聞き、転職に必要なスキルや職探しの支援を受けることができる。講座費用の一部は、政府が補助し、通常よりも割安に勉強できる。講座は、プログラミングとビジネススキルで現状6割超を占めており、医療・介護やウェブデザイン・動画編集といった分野もある。

 経産省は事業の担い手を公募し、第1弾として、人材会社のパーソルテンプスタッフやアデコなど50社超が選ばれた。若年層や外国人、障害者の学び直しや転職に実績があり、今後も増やしていくという。22年度第2次補正予算で確保した関連事業753億円の一部を財源に充てる。学び直しによる労働者の能力向上は、岸田首相が掲げる看板政策「新しい資本主義」の一環。終身雇用や年功序列といった日本型雇用システムの転換を目指している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3dd5f77c6b313cfe7ce6d8956d62f98f1261f031

【【社会】社会人の「学び直しから転職まで」を政府が一体支援、平均24万円助成へ [田杉山脈★]】の続きを読む


「糸満市でのダイビングツアー、1人が行方不明に…救助チームが緊急出動!」


ダイバーには危険がつきものです。

 沖縄県糸満市沖で行方不明となっているダイバーの男女7人について、さきほど、全員が救助されました。

【映像】7人全員を救助 糸満市の沖合の様子

 第11管区海上保安本部によりますと、午前11時50分ごろ、糸満市の沖合のルカン礁北側で「ダイビング中の男女7名が行方不明となった」と通報がありました。海上保安庁巡視船航空機で捜索したところ、6人がまとまって浮いているのを発見しました。6人はヘリコプターなどで全員救助され、容体に異常はないということです。

 那覇海上保安部によりますと、さきほど残る1人を発見し救助しました。最後の1人の容体については、現在確認中ということです。(ANNニュース

沖縄・糸満市のダイバー行方不明 7人全員を救助 最後の1人の容体は現在確認中


(出典 news.nicovideo.jp)

【糸満市でのダイビングツアー行方不明のダイバー7人全員発見!】の続きを読む


陸自射撃場で起きた悲劇… 犯人の心理に迫る、事件の裏側とは?


こんな悲惨な事件が起きるとは…教官を狙っての殺人容疑ということで犯人の胸の内が気になりますね。

 岐阜市陸上自衛隊の射撃訓練場で18歳の自衛官候補生がライフル銃を発射し3人が死傷した事件で、逮捕された候補生は「教官を狙った」と供述しているということです。

【映像】陸自射撃場3人死傷 殺人容疑で送検

 男はさきほど送検されました。14日現行犯逮捕された自衛官候補生の男(18)は殺人の疑いで午前9時前、岐阜地検へ送検されました。

 警察によりますと、自衛官候補生の男(18)は14日午前9時すぎ岐阜市陸上自衛隊日野基本射撃場で他の3人の隊員に向けてライフル銃を発射しました。教官を務める52歳の男性自衛官と25歳の男性自衛官が死亡し、別の25歳の男性自衛官1人もけがをしました。

 捜査関係者によりますと候補生は「教官を狙った」「最初に横にいた隊員を撃ち次に教官を撃った」と供述しているということです。

 一方、死亡した25歳の自衛隊員については、銃で撃ったことは認めていますが、殺意は否認しています。(ANNニュース

陸自射撃場3人死傷 「教官を狙った」殺人容疑で送検


(出典 news.nicovideo.jp)

【陸自射撃場で起きた悲劇… 犯人の心理に迫る、事件の裏側とは?】の続きを読む

このページのトップヘ