お笑い芸人


中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年〈昭和57年〉9月27日 - )は、日本の教育系YouTuber、歌手、実業家。お笑いコンビ・オリエンタルラジオの一人。2020年に吉本興業を退所。オンラインサロン運営者。シンガポール在住。RADIO FISHのメンバーとしても活動。愛称は「あっちゃん」。「御神体」。…
44キロバイト (4,388 語) - 2023年6月23日 (金) 00:44
1.「不倫で叩かれる奴と叩かれない奴がいるのは不公平」という中田敦彦の言葉について、私は一部同意します。確かに、不倫行為自体は社会的な倫理に反するものであり、非難されるべきです。しかし、その非難の度合いは個々のケースによって異なると思います。例えば、既婚者同士の不倫と、片方だけが既婚者の場合では、叩かれるべき対象も異なるでしょう。それにも関わらず、一律に批判されることは確かに不公平だと感じます。

1 アークトゥルス(兵庫県) [GB] :2023/06/30(金) 18:56:56.31ID:TgZq1SOS0●

オリラジ中田敦彦、芸能人スキャンダルの“格差”指摘「なんかズルくない?」
6/30(金) 11:34配信

 オリエンタルラジオの中田敦彦(40)が30日までにYouTubeチャンネルを更新。お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(50)のユーチューバーとしての活動を高く評価するとともに、芸能界におけるスキャンダルの“格差”について私見を述べた。

 中田は「アンジャッシュ渡部さんのグルメロケYouTubeが面白い!」と題した動画をアップし、渡部が配信コンテンツをグルメロケに特化したについて「いかに優れているか」を解説。その中で「渡部さん、いろいろありました。いろいろあったときに俺、『みんな言い過ぎじゃない?』って言ったんだよね」と、渡部のスキャンダルに触れつつ、「俺さ、いろいろ言われてる人の肩持ちたくなる。コメンテーターやってた時に、いろいろ言われてる人に対して厳しく言っちゃったことがあって、それ良くなかったなぁって思ってるんですよ」と回想した。

 渡部と同じくスキャンダルから再出発したTKOにも触れつつ、「芸能界の仕組み上、しょうがないんだろうけど、1回でもミスった人が復帰するの超ムズいのがちょっと苦手なんだよね。しかもそれが人によるじゃん。結構、権力持ってるところに近い人とかだと、なんか不倫してもあんまり大した影響がないとかさ。なんかズルくない?イジメじゃない?必要以上にイジメられてる人見ると、うーんって思う」と中田。最後はカメラ目線で「渡部さん、お元気ですか?中田です。お互い頑張っていきましょう。人間万事塞翁が馬ですから。『あれがあってなんだかんだ結局良かったよね』ってそう言える未来がきっと待ってると思います。いつかまたグルメロケ行きましょう」と渡部にメッセージを送った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72bdfa050885ef569cfa87c520acf911d3248fe7

【中田敦彦「不倫で叩かれる奴と叩かれない奴がいるのは不公平」】の続きを読む


藤森慎吾が明かす!NGにしていることとは?


藤森 慎吾(ふじもり しんご、1983年〈昭和58年〉3月17日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、俳優、司会者、YouTuber。 お笑いコンビ・オリエンタルラジオのツッコミ担当。相方は中田敦彦。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバー「SHINGO」(肩書きはSHAMAN)としても活動している。…
54キロバイト (6,746 語) - 2023年6月21日 (水) 23:14


「NGにしていること」を知って興味津々です。藤森慎吾さんの意思を尊重するとともに、それが彼自身の成長やアーティストとしての探求心につながっているのだと感じます。

 オリエンタルラジオ藤森慎吾が28日放送の『ぽかぽか』(フジテレビ系/毎週月曜〜金曜11時50分)に生出演。番組出演に関して、“NGにしていること”を明かした。

【写真】「マジで凄い」「素晴らしい成果」 藤森慎吾、筋トレ1日目→1年後のビフォーアフター姿

 冒頭から「ハラハラした相方の騒動4選」として、中田敦彦に関して気になることを次々に聞かれた藤森。オープニングトークが終わり、MCのハライチ・澤部佑に「さらに藤森さんにいろいろ聞いちゃいますけど、大丈夫ですか?」と問われた藤森は、「大丈夫じゃないよ! オープンニングでこんなに汗かいてるんだから!」とタジタジの様子。

 さらに、澤部に「NGナシね?」と聞かれた藤森が、「基本的に中身的にはNGないけど、唯一、今NGにしてるのは、あっちゃんサプライズ登場だけです」と答えると、スタジオは爆笑。「生放送はダメ」という藤森はその理由について、以前、シンガポール在住の中田をラジオ番組にリモートで生出演してもらったところ、「ラジオのことをディスりまくって。回線を切れ!」という状況になったことを告白していた。

藤森慎吾  クランクイン!


(出典 news.nicovideo.jp)

【藤森慎吾が明かす!NGにしていることとは?】の続きを読む


「あっぱれさんま大先生」27年ぶりの復活が決定!同窓会スペシャルで再び爆笑必至!


あっぱれさんま大先生』(あっぱれさんまだいせんせい)は、フジテレビ系列で放送されたフジテレビ制作のバラエティ番組。および同番組のテーマソングであり、出演者の明石家さんまが歌うシングルCDのタイトルでもある。 明石家さんま先生)と子供(生徒)たちによるスタジオトークを中心に様々な企画を展開していた番組で、アニメ『魁…
19キロバイト (2,335 語) - 2023年6月16日 (金) 08:18


「あっぱれさんま大先生」の復活を知って、嬉しいです!私も同窓会に参加したくなるほど、懐かしくて楽しい番組でした。7月1日、楽しみにしています!

 バラエティー特番『あっぱれさんま大先生2023同窓会スペシャル』が、フジテレビ関東ローカル)にて7月1日15時30分より放送される。伝説の番組『あっぱれさんま大先生』の「あっぱれ学園」を卒業した生徒たちが、27年の時を経てさんま大先生誕生日に集結し、大同窓会を開催する。

【写真】さんま大先生の授業も復活! 大人になった生徒たちを前に笑顔がこぼれる明石家さんま

 『あっぱれさんま大先生』は、1988年から日曜日の昼に放送され、番組出演者で唯一の大人・明石家さんまと、素人同然の子供たちによるにぎやかな掛け合いで人気を博した。

 27年前に卒業した生徒たちも、今では30~40代の立派な大人。ほとんどが芸能界を引退して、さまざまな分野で社会人として頑張っている。俳優・山崎裕太が旗振り役となり、同窓生を集め、1年の歳月をかけて実現した今回の同窓会では、あっぱれ学園の第一期卒業生12人が集結。当時のさんま大先生の年齢を超えた生徒たちは、今、どうしているのか―?

 特番では、当時、生徒たちが体当たりで挑んだ企画「あっぱれ隊が行く」から、生徒間の恋模様やハイキングでのハプニングまで、アーカイブ映像を一挙大公開。

 また、子供たちの独特な発想で、大人も舌を巻く回答を連発した「あっぱれ教室」の授業をVTR振り返りながら、大人になった卒業生たちが今の感覚で“授業”を再現。「こんな大人になりたくない」や「大人はなぜ…?」など、子供時代に放った大人に対する痛烈批判を、卒業生たちは大人になった今、どう受け止めるのか? 今だから話せる秘話や裏話も次々に飛び出し、思わぬ感動の展開に。さらに、卒業生たちが“今でも大切にしている”卒業式さんま大先生から贈られたものとは?

 収録後、山崎裕太は「さんまさんとの絡みは別番組でもやっていますけど、今日はそれを『あっぱれ』の雰囲気に戻す作業をしていました。なので僕は、当時の気持ちと特に変わりなく挑めました」と感想を。

 内山信二は「僕は最初、ちょっと違和感を感じたんです。もっとお互いに探り合うことになるかと思っていたんですけど、みんな教室に入るときにスッとあの頃に戻っていて、そこからは全部が懐かしく感じました」と語った。

 『あっぱれさんま大先生2023同窓会スペシャル』は、フジテレビ関東ローカル)にて7月1日15時30分放送。

 山崎、内山、企画/演出・三宅恵介のコメント全文は以下の通り。

コメント全文>

■山崎裕太、内山信二

――収録を終えての感想を教えてください。

山崎「さんまさんとの絡みは別番組でもやっていますけど、今日はそれを『あっぱれ』の雰囲気に戻す作業をしていました。なので僕は、当時の気持ちと特に変わりなく挑めました」

内山「僕は最初、ちょっと違和感を感じたんです。もっとお互いに探り合うことになるかと思っていたんですけど、みんな教室に入るときにスッとあの頃に戻っていて、そこからは全部が懐かしく感じました」

山崎「僕が中学3年生の頃の気持ちに戻ってその場をまわそうとしたように、それぞれの子供の頃の役割が、大人になってからもうまくはまったんだと思います。まぁ、『あっぱれ』の9.5割はさんまさんの力ですけどね」

――今回、山崎さんが旗振り役となり1年で実現となった同窓会ですが、今のお気持ちを教えてください。

山崎「やり切りました! 終わりました! もともとYouTubeで始めた企画からちゃんとテレビに還元して、最終的には今までお世話になった分の恩返しみたいなことができたんじゃないかなと思っているんです」

内山「うんうん。実現まで、本当に大変でしたね」

山崎「お前はほとんど何もしてないからな。でも、卒業後一番『あっぱれ』に執着のなかった僕ですが、さっき過去のVTRを見て、“『あっぱれ』をもう一度やってください!”って言われていた理由がよくわかりました。内山信二の面白さはすごいなと思いましたし、子供の頃の他のみんなもそれぞれ個性があふれていて、びっくりしました。今回これだけの卒業生が集まれたということだけでも、とてもよかったなと思っています。さんまさんが80歳になる頃に、またこういうことができたら面白いなと思います」

内山「いやぁ、80歳になったさんまさんなんて大変だって!(笑)

山崎「もしまたやるときには、内山信二も巻き込んでいきたいなと思っています」

内山「またそうやって責任なすりつけるの、やめようよ~」

――27年ぶりの大集結でしたが、どうでしたか?

内山「今回は途中でいなくなってしまった市役所(上野秀樹)、ブランド(増川浩行)、未央ちゃんもいましたよね。ほとんどの子とはさんまさんと同じように卒業以降会っていなかったので、27年ぶりの再会は不思議な感覚でした」

山崎「僕の企画なので一応全員とコンタクトはとっていましたけど、半数とはまだ会っていなかったんです。今日ちゃんと全員と対面して、変わらないなって強く思いました。『あっぱれ』のみんなって、キャラクターを作ろうとはせず素のままなので。みんな、幸せそうでよかったです」

■三宅恵介(企画・演出)

――収録を終えての感想を教えてください。

「いやぁ、面白かったなぁ~。今の時代にこの様な番組を作るのは難しいかもしれないけど、子供の発想力・行動力の豊かさ、素晴らしさを改めて感じました。収録中、生徒たちが昔と変わらず、“自分のキャラクターポジション”を理解して発言しているのを見て、“大人になったなぁ”と感慨深いものがありました」

――生徒たちと27年ぶりの再会でしたがいかがでしたか?

「裕太君、内山君以外の生徒たちとは久しぶりの再会だったので、“あんた誰?”という感じでした。特にむし君(鳴海晃司)、絵梨ちゃん、未央ちゃんは、外で声をかけられてもきっと、“うそだろ!?”と言ってしまいますね(笑)。でも収録を終えて、“見た目は変わっても、中身は同じ”という感じで、みんな“一生懸命生きているな!”と、ホッとしました」

――放送を楽しみにしている視聴者へのメッセージをお願いします。

「『あっぱれ』を見たことある方も、ない方も、“子供たちの純粋さ”を感じていただければありがたいです。子供は、大人たち・世の中をよ~く見ていますから…」

『あっぱれさんま大先生2023同窓会スペシャル』より (C)フジテレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

【「あっぱれさんま大先生」27年ぶりの復活が決定!同窓会スペシャルで再び爆笑必至!】の続きを読む


ゆめっちさん、お帰りなさい!芸能活動再開の発表、おめでとうございます。病状も心配ですが、無理のないようにしっかりと調整してくださいね。

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/06/15(木) 20:13:52.703ID:78QPFj1Z0
人気お笑いトリオ「3時のヒロイン」のメンバー・ゆめっちさんが芸能活動を再開することがYouTubeの公式チャンネルで公表されました。まず、動画では3人が「「は~い、3時のヒロインよ~」と、かけ声。
そして、ゆめっちさんは「めちゃめちゃ元気になりました」と挨拶し、「ちょっとずつ、復帰していこうと思うので、これから。まず3人だけで出来る仕事から、始めようと思いますので。YouTube更新していきます! 劇場とか、ネタとか、テレビとかに関しては、もうちょっと慣れてから、ちょっとずつ再開していこうと思ってます」と語りました。
(以降 元記事を参照ください

(出典 portal.st-img.jp)


(出典 portal.st-img.jp)

https://article.auone.jp/detail/1/5/9/333_9_r_20230615_1686816404877598?page=2

【【3時のヒロイン】ゆめっちさん 芸能活動再開を発表「ちょっとずつ復帰していこうと思うので」 自身の病状も報告】の続きを読む


「情緒は乱れてるけど頭は良い」オリラジ中田 動画で自画自賛 提言騒動も「中の面白さ半端じゃなかった」と開き直り


中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年〈昭和57年〉9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、実業家、YouTuber。お笑いコンビ・オリエンタルラジオの一人。2020年に吉本興業を退所。オンラインサロン運営者。シンガポール在住。RADIO FISHのメンバーとしても活動。愛称は「あっちゃん」「御神体」。…
49キロバイト (5,082 語) - 2023年6月9日 (金) 23:47


中田さんは自己評価が高いように見えますが、それは自信の表れだと思います。彼が提言騒動で行った発言が問題視されたのは事実ですが、それでも彼の才能は否定できません。

代替テキスト

「まぁ、でもホッとするよね。相方とか妻がいること自体が、まだ俺は異常な人間ではないんだって思えるというか」

6月12日に更新した自身のYouTubeサブチャンネル「中田敦彦のトーク」で、こう語ったのはオリエンタルラジオの中田敦彦(40)。妻の福田萌(38)と結婚11年目を迎え、相方の藤森慎吾(40)とも良好な関係を築けている感想を冒頭のように語った。

中田は補足するように、「パートナーがいない人が異常って言ってるわけじゃないんですよ。単純に俺自身がすごい間違えた人間なのかなって一瞬思う時があるわけですよ。なんか、『俺って大丈夫?』みたいな」とコメント

それでも「相方も妻も俺のこと好きだし、じゃあ何とかなるのかなって思えるよすがっていうかね」と、信頼を寄せた。一方で、自分が妻を振り回している自覚はあるといい、「移住したり、仕事を変えたり、そういうのも含めてやらせてくれるってことは、信頼されてるんだか期待されてるんだかっていうところはあるんだろうね」と語った。

動画終盤では、自身が運営する有料コミュニティサイト「PROGRESSプログレス)」を告知。2年前から妻が会員になっていると明かし、「俺がシンガポールに先に移住するっていうことになった時に、中田の動向を知りたいからっていうことで妻が入ってきた」と経緯を話した。

続けて「妻が言ってます。『プログレス楽しい』って。説得力ありません?」と問いかけ、「なんせ中田が何をしでかすかわからないっていうね」とポツリ。

■「直近の騒動の時のね、中の面白さたるや半端じゃなかったですからね」

中田といえば、5月29日YouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」で公開した動画で、松本人志(59)がお笑いレースの審査員をやりすぎていると猛批判。「業界のタメにならない」「一つの価値基準しかない。それ以外の才能は全部こぼれ落ちるからなんですよ」などと持論を展開し、物議を醸したばかりだった。

そんな中田は騒動を振り返りつつ、次のように“自画自賛”したのだった。

「直近の騒動でも、『こいつ何考えてるんだろう?』って思った人多いと思うんですけども。中田、意外といっぱい考えてるんですよね。ご存知の通り、頭は良いんですよね、厄介なことにね。情緒は乱れてるのかもしれないですけど、頭は良いから、厄介だよね、ある意味で。気性は荒いしね。気性が荒くて情緒が乱れてるんだったら、いっそのこと頭が良くない方が害はないっていうか。なまじ頭が良いから、なんか大変なことになっちゃう時があるけど」

一方、中田の「提言」をめぐってお笑い界では、賛同を得るどころか非難囂々となっていた。相方の藤森は「そんなこと言わなくていい」「平穏に暮らしたい」と苦言を呈し、トミーズ雅(63)や上沼恵美子(68)などの大御所芸人からも顰蹙を買う事態に。

しかし、ハレーションを起こした張本人の中田は、意に介していないようでこう述べたのだった。

「直近の騒動の時のね、中の面白さたるや半端じゃなかったですからね。もう本当に日本全国が注目してる『こいつ何考えてるんだ』を毎日聞けるっていうことでしょう」

続けて、「爆笑問題さんがラジオでしゃべってたよなぁ。『あっちゃんはこれからも面白いものをたくさん作ると思うからさ』ってさ。優しい言葉使ってくれてたけど、『あっちゃんこれからも訳わかんねぇことやるからさ』っていう意味でもあると思うんだよ」とコメント

そして自分自身について、「こんな奴変わんないよ。だって俺10代じゃないんだよ、40代だよ。40でしっちゃかめっちゃかなんだから、もう変わるわけないもんね」と開き直っていた。

自らを「頭が良い」と誇らしげに話し、多くの芸人たちから大ブーイングとなった騒動を開き直った中田。そんな彼に、ネット上ではあ然とする声が上がっている。

あっちゃんなんか最近どしたん》
《心配してくれる、忠告してくれる人間がいるうちに自分を省みろ》
《支離滅裂じゃん…大丈夫か?》

果たして、このまま“鋼鉄メンタル”を貫くのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

【「情緒は乱れてるけど頭は良い」オリラジ中田 提中の面白さ半端じゃなかった」と開き直り】の続きを読む

このページのトップヘ