永瀬廉、目黒蓮と連続共演…今田美桜26歳が突然告白した「元カレ」の話 


「目黒蓮さんと永瀬廉さんとの連続共演、さらには今田美桜さんの元カレの話とは、興味深い組み合わせですね。」

 福山雅治大泉洋がW主演を務める日曜劇場ラストマン―全盲の捜査官―』(TBS系)。新人捜査官・吾妻ゆうき役を演じているのは、今田美桜(26)だ。

◆ ◆ ◆

地元ローカル番組への出演から19歳で上京

「福山さんのほうから今田さんに声をかけたり、大泉さんも彼女に細かくアドバイスをしてあげるなど、現場で信頼関係が築かれています」(ドラマ関係者)

 福岡出身の今田。2013年、高校2年の時にスカウトされ、地元ローカル番組などに出演してきた。地元での活躍ぶりを現在の事務所社長に見出され、19歳の時に上京。東京での活動をスタートさせる。

グラビアモデルにも果敢に挑戦。親から『22歳までに芽が出なかったら帰ってこい』と言われていて、とにかく一生懸命でしたね」(テレビ関係者)

 週刊文春「原色美女図鑑」などで今田の撮影を担当した写真家の藤代冥砂(めいさ)氏が語る。

「撮影に入ると、彼女はすごく引き出しも多いし、勘が良いんです。例えば田んぼの畔道だったら、その雰囲気に自然と馴染む。常に前向きだから、彼女がこれだけやってくれるなら、こっちも良いものを作らなきゃという気にさせてくれます。レンズの前に立った時の腹の括り方にも大物感がありますね。でも撮影が終わって、スタッフたちとカードゲームをやった時は年相応の女の子らしく大きな声で笑うんです。『罰ゲーム嫌だな〜』とか言いつつも笑顔で、いつも周りをハッピーにしていた。こっちの方が素なのかな(笑)

 今では『半沢直樹』(TBS系)など数多の話題作に出演する人気女優となったが、実は主演はドラマ1作と短編映画のみ。なぜ?

事務所が“2番手戦略”を取っているんです。主人公の親友やヒール役で、経験を重ねることを優先させてきた。2番手だと、主演よりオフが多いのもメリットです。ちなみに、彼女は『休みの前日には必ず飲む』と語るほど酒豪。読書も好きで、休日は原田マハや池井戸潤などを読んでいます」(スポーツ紙記者)

今田が突如“告白”した元カレの話

 最近目立つのが、ジャニーズとの共演だ。今年3月公開の映画『わたしの幸せな結婚』では目黒蓮(SnowMan)の相手役を演じ、放送中の『ラストマン』では永瀬廉(King & Prince)と“バディ”を組む。さらに、7月スタートドラマトリリオンゲーム』(TBS系)でも再び目黒との共演が決まっている。

事務所が『現場でLINEの交換とかは控えて』と伝えているようで、共演は多くてもプライベートの付き合いは殆どありません。実際、共演者との熱愛は報じられたことが無い。ジャニーズ事務所も安心しているようです」(同前)

 ところが、そんな今田が今年3月、バラエティセブンルール』(フジテレビ系)で、

「彼氏ずっといました」

 と、自身の元カレについて突如“告白”したのだ。

「番組内でスタッフから『(学生時代は)モテたんじゃないですか』と聞かれ、元カレの存在を明かした。確か中3から交際していましたが、上京して役者を目指すということで、お互い納得の上で別れを選んだそうです」(今田の知人)

 今田の事務所マネージャーに話を聞いた。

「彼女も26歳。色んな経験をして欲しい」

――2番手戦略を?

「主演のお仕事はさせたいです。ですが、今は一つ一つ来たお仕事に大切に向き合っています」

――LINE交換もさせないし、ジャニーズ俳優との共演も多い。

「あえてLINE交換とかは、あんまり今は言ってないですけどね。そこは大人なんで。任せています」

――元カレの話をしていた。

「昔の話ですから。もう彼女も26歳。色んな経験をして欲しいと思います。でも、今はお芝居に真剣に向き合っています」

 夏を前に今、美しい桜が咲こうとしている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2023年6月29日号)

インスタのフォロワー数も450万超


(出典 news.nicovideo.jp)